AGA治療には医薬品を使用する以外の治療法も

###Site Name###

AGA治療と言うと、DHTを抑制させることが出来るプロペシア、育毛効果を期待出来るミノキシジルの2つの医薬品を使用して治療を行う方法が有名です。


DHTは体内に存在する男性ホルモンのテストステロンと5αリダクターゼが結びつくことで変換されるものであり、AGAの症状の原因とも言われています。

そのため、AGA治療では5αリダクターゼを阻害する医薬品としてプロペシアが処方されるケースが多く在ります。

尚、プロペシアには男性機能を低下させてしまうと言った副作用が在ることが知られており、治療を行う専門の病院では血液検査を行って医薬品に対する作用をチェックした上で処方が行われるのが特徴です。

エキサイトニュースの情報ならこちらで掲載されています。

また、AGAは遺伝子の影響により男性ホルモンが乱れると言う事からも、遺伝子検査を行ってAGAの症状であるかどうかを確認した上でプロペシアが処方されると言った特徴が在ります。

最近は、プロペシアなどの医薬品の副作用が無いと言われているHARG療法などのAGA治療法も存在しています。



HARG療法は人が生きる上で重要と言われている成長因子、発毛や育毛効果を持つ栄養分となるビタミン類やアミノ酸と言った髪の毛への栄養を与えることが出来るHARGカクテルを直接頭皮に注入する方法で行われるAGA治療法です。



尚、HARAG両方による治療の効果は高いと言われていること、医薬品などの副作用が無いなどの理由からも注目されているAGA治療法です。